販促活動を始めるサイン

今まで、まともな営業活動もやってきてなかったわりになんとなく仕事が来てたけど、時代の流れなのかだんだん仕事の受注が減ってきた・・・。

それは「販促活動を始めないと仕事が
なくなりますよ」のサインと思ってください。

今までは良かったんだから一時的なもんで、すぐに回復するさ! と奇跡を信じても、戻る確率は低いかも知れません。 とは言っても、今までやってなかったから、いざ始めようと思っても何をどうしていいのかわからないかもしれませんね。


「何をする会社」なのかを地元の人は知らないのかも

長年やってきた仕事だから、地元の人はあなたの会社がなにをやるかぐらいは、みんな知っているはず。と思っている工務店は多いです。しかし、2軒となりの家では見知らぬ業者がリフォームをやっているんです。よほどの悪徳業者でないかぎりあなたの会社を知っているならあなたに頼むはずです。 と言うことは、もしかしたらリフォームをやってくれることを知らない可能性が高いです。 それとも、高い費用を取られると思っているのかもしれません。

販促活動の第一歩は知ってもらうこと

お客様は「知らない人からは買いません」
お客様は「興味がないものは買いません」

お客様の心理を考え、まず地元のみなさんにあなたの会社を知ってもらい、興味を持ってもらわなければ買ってもらえないのではないですか。 この「会社を知ってもらう」活動こそが、販促の第一歩。
「どこ」にある「なんという会社」で「なに」を「いくら」でやってくれるのかを、地元の皆さんに知ってもらいましょう。
お客様にとって「地元」というブランドは強力です。
売り逃げされることがないのですから・・・。

どんな方法で地元の人たちに
自分の会社を知ってもらうのか?

あなたの会社を宣伝する方法はいくつもあります。
テレビCM・雑誌広告・新聞折込・看板・ダイレクトメールなど、さまざまな広告媒体がありますが費用もピンキリ。 できるだけ安い費用で、最大の効果を上げたいですよね!

おすすめは「郵便局」です

全国どこにでもある郵便局は信用力バツグンです。
地元の郵便局に、あなたの会社の広告が置いてあれば疑うことなく手にとってもらえることでしょう。郵便局にあるということは、郵便局のお墨付きなんです。

ポスターとチラシのダブルで
あなたの会社を強烈にアピール!

郵便局の窓口の近くにポスターを貼って、テーブルの上にはあなたの会社のチラシが置いてあるのを想像してみてください。待ち時間に局内を見回したら、地元の工務店のリフォームのポスターが貼ってあり、チラシが置いてあります。 興味があるお客様がチラシを手にとって持って帰られます。 家に帰ってじっくり見てたら、地元でこんなことを、この価格でやってくれる工務店があることを知ることになります。このお客様は、この後どんな行動をとるか想像してみてください。



あなたの地元の郵便局内に....

●ポスターを貼ります
●チラシを置きます

あなたの地元にある郵便局の中から、希望の郵便局だけにポスターを貼って、チラシを置く販促活動をお手伝いするのが工務店パックです。 地元のみなさんに、あなたの会社のことを知ってもらうための第一歩です。今までに300局以上の郵便局で実施してきました。 すぐに550万円のリフォームを受注した工務店もありました。広い範囲で宣伝するのではなく地元限定で宣伝するには一番の方法です。 近くに気になる郵便局はありませんか?



地元の郵便局で工務店パックを
実施するのにかかる費用



※実施するための手続き、デザイン、印刷はすべてカスタネットが行います。

●B2判ポスター(10枚)
●A4判チラシ(1000枚)

実施期間をお選びいただけます

●1局で12週間実施
●2局で6週間実施
●3局で4週間実施



工務店パックにご興味がある工務店様は詳しい資料をダウンロード頂けます。